デンタルケアを受けている子供
歯科医の器具

歯科の見分け方

きれいな歯を作るために歯科医院に通うことが必要になってきますが、ただ通うというのではなく歯科医の腕を見極めるということも必要になってきます。歯科医の情報は最近ではホームページでチェックするのが主流になっています。

詳細を確認する

きれいな口元の女性

歯科医院に行く

歯科医院に行くというのは歯の痛みを感じた時というのが多く見られます。歯の異常は放っておくと大変なことになってしまいますので、早急に歯科医院に行って治療をすることが重要です。

詳細を確認する

OKサインで笑顔

費用と異常

歯の治療は状態によって費用が変わってくることがよくありますので、異常に気づいたらすぐに歯科医院へ治療に行くことです。また異常には歯茎が原因であるものもあります。

詳細を確認する

歯並びを綺麗にする

子供の治療

最高級のセラミック素材を使っているから綺麗に仕上がります!中延の歯科なら、高品質なインプラント治療が受けられますよ。

インプラントの価格のことなら、こちらへどうぞ!便利なローンも利用可能なので、いつでも施術を始めることが出来ますよ!

乳歯の段階で歯列矯正をするメリット

昨今では、矯正歯科では幼児に対する歯列矯正も積極的におこなわれるようになっています。以前は、永久歯に生え変わる6歳から10歳くらいまでの間に歯列矯正を始める場合が多かったのですが、昨今では乳歯が生え揃った3歳くらいから始めるようになってきているのです。 なぜなら、乳歯の段階で歯並びが美しくなっていると、その後生えてくる永久歯も美しい歯並びとなる可能性が高くなるからです。また、乳歯の段階で歯並びが悪いと、食べ物の正しい噛み方や歯の正しい磨き方が身につきにくくなります。さらに、歯並びが悪いと歯垢がつきやすいので、虫歯菌が口腔内に住み着くようになります。逆に、乳歯の段階で虫歯菌が住み着かなければ、その後も虫歯にはなりにくくなるのです。 このようなメリットがあることから、3歳くらいから子供を矯正歯科に連れて行く親は増えていくと予想されています。

歯並びを戻さないようにしたり、虫歯を防いだりすることが大事

子供の顎の骨は大人の顎の骨と比べると柔らかいので、乳歯の段階での歯列矯正は、比較的おこないやすいと言えます。しかし、柔らかくて矯正しやすいということは、矯正後に元に戻ってしまいやすいということです。そのため子供の歯列矯正の場合、戻ることを防止するためのリテーナーを装着する期間が、必然的に長くなります。つまり長く矯正歯科に通うことになるわけです。 また、矯正器具を装着している間は、その器具と歯の間に歯垢がつきやすいです。そのため、まだ自分でうまく歯を磨くことができない子供の場合、親がしっかりとケアをする必要があります。 こういった注意点を頭に入れておき、丁寧なケアをしつつ根気良く矯正歯科に通えば、その後は口腔内を良い状態で保ちやすくなります。

口コミでも人気が高いことで有名。矯正歯科を京都で受けるなら、インプラントも併設しているところで高品質な治療を受けましょう。

一般歯科以外の診療も行なっているのが右京区の歯医者です。口元を綺麗にすることで印象もぐんと良くなります。

寄る1時まで営業しているから仕事帰りでも通えます。横浜の歯科なら、虫歯の悩みもすぐに解決してくれる楽しい歯科医がいますよ。

オススメリンク