歯科医院に行く

きれいな口元の女性

歯科に行った方が良い時

どんな時に歯科に行けばよいのでしょうか。歯に痛みがなければなかなか歯科に行こうとは思えないかもしれませんが、実は虫歯は軽い段階ですと痛みは感じません。逆に痛みを感じるようになってくると虫歯が進行しているという証拠でもありますから、歯科に行った時にはすでに遅くて治療に時間が掛かってしまうことがあります。ですから出来るだけ虫歯が軽い段階で歯科に通っておくことを推進します。しかし軽度の虫歯の場合は痛みを感じませんから、出来るだけ歯のケアをするためにも歯科検診に通っておきましょう。定期的に口の中をチェックしてもらうことによって虫歯を早期発見することが出来るのです。 自分の為にもデンタルケアはしておきましょう。

最終的な歯の行く末とは

何度も虫歯を繰り返していて、しまいには土台がなくなってしまった場合に関してはもう抜歯するしか方法がありません。乳歯が抜ける時とは違い自然に抜ける訳ではありませんから、こういった歯や親知らずに関しては歯茎にメスを入れて抜歯することが必要になってきます。親不知が成長しすぎていると顎の骨を削ることにもなってしまいますから早めの段階で処置しておいた方が良いでしょう。抜歯に関してはもちろん麻酔をするのですが患部ではなく、口自体が引き裂かれるように痛いということもあります。医師によって腕の差もありますが、麻酔が切れた後は高確率で痛みが発症してしまいますから、抜歯の際は覚悟しておいた方がもしかして良いのかもしれません。