歯科の見分け方

歯科医の器具

どういう点をポイントにするか

一つ目はもちろん歯科医のうでがよいことです。治療技術は日進月歩しています。つねに新しい技術を研修などに行き取り入れているところと昔ながらの治療しかしていないところでは技術に明白な違いがあります。 また、歯科衛生士の腕がよいこともポイントです。衛生士はスタッフとして患者の口腔ケアをしかり行い、道具の管理等アシスト業務を行っています。医師と衛生士の連携が取れていることで、虫歯や口腔疾患も早くよくなります。 また虫歯予防に力を入れていることも大切なポイントです。虫歯になっていしまうのは日々のケアの不足も大きな原因になるのです。歯石の除去、フロスの使い方のの指導、歯ブラシの使い方の指導など予防歯科に力を入れているという点もよい歯科の条件です。

いい歯科をどう見分けていくか

まずホームページでその歯医者の情報をチェックします。どのような診療内容なのか、得意分野はなんなのかなどそこでチェックができます。 また受付の対応がしっかりしていることです。そこでスタッフと医師の連携がしっかりとれいているかどうか把握できます。 当然ながら清潔感もポイントです。それからあまり古い施設であると最新の治療がうけられない可能性があります。 それから診療にあたりしっかり説明をしてくれることです。患者にとってその治療はなぜ必要なのかを知ることで治療に対する不安も取り除くことができます そうして保険の範囲内の治療を望むのか、自費治療を望むのか予算に応じて考えてくれることも重要になります。 いい歯医者にめぐりあうことで歯の寿命はのびます。健康寿命も口腔内の状態と密接なかかわりがあるといわれています。適切な治療をし口腔内を健やかに保ちましょう。